NRTワークショップを受講した 西塚祐子さんのインタビューです


現在位置 : トップページ > 受講生インタビュー > Vol.2 西塚祐子さん

受講生インタビュー ~Vol.2 西塚祐子さん

NRT受講生インタビュー第2弾は、保育士を経て、
10年以上コーチとして活動をなさっている西塚祐子さんです。

2009年度にステージⅠ~Ⅳを受講して以来、毎年、
各ステージを再受講されている西塚さん。
どのような体験や変化があったのかをお話いただきます。
西塚祐子さん

Q.NRTワークショップ(以下、NRT)を受講したきっかけを教えてください。

NRTの前に、山崎さんのNLP(神経言語プログラミング)を受講しました。

NLPを受講した理由は、前回の白木さんと同じような感じです。
そのとき既に5年くらい、コーチとして活動していたけど、行き詰ってました。

そこでNLPを学ぼうと思って、山崎さんのNLPプラクショナーコースに申し込みました。

最初はプラクショナーコースだけのつもりが、マスターコースや上級コースを受講したんですね(笑)

Q.NLPを深く学ばれていたのですね。

そう。NLPをひと通り学んでも、なんかスッキリしないところもあって。

コーチとして、よりよいコーチングを提供するために、NLPを学んだのですが、それを通じて、自分のことを見つめなおすきっかけになりました。

NLPで学んだ手法を使うと、その瞬間は良い状態になるのですが、また元通りに戻ってしまう。

何だか分からないけど、もっと大切なものがあると深いところで感じていました。

そして、山崎さんから今度新しくNRTというのを始めるということ、その内容を聞いて、
あぁ、コレかなと思って、すぐに申し込みました。

Q.NRTを実際に受講してみて、いかがでしたか?

長い目でみると、色々なことが変化しているんだけど、その場にいると何にも変わっていないようで・・・
よくわからないんですが。

ふと気づくと、特に周りが変わっていました。

Q.周りの人たち? 家族の方とかですか?

そうそう、家族が特にですね。

穏やかになったというか・・・。

特に両親は、簡単な言葉で言うと、とても元気になりました。
びっくりするくらいですね。

Q.そうなんですか!

ええ。NRTを受講する前の私は、怒ってはいけないというのがあったようです。

自分ではあまり気づいてなかったのですが、周りの人たちに現象として出てきました。

例えば、帰宅した夫が仕事のストレスで怒りっぽくなったり、怒りを爆発させたりすることがあったんです。

それ以外にも、電車の中で怒っている人たちに遭遇したりとか、ごはん食べに行っても、

変なおばさんがズカズカと入ってきて、怒りを撒き散らしたりとか・・・
そんな場面に遭遇してました。 その時は、最近怒りっぽい人が多いなぁ~と感じてただけでしたが
だんだん、それにしても、何かおかしいよね・・・と思うようになってきたのです。

Q.周りが怒っている原因は、自分にあるかも・・・と思い始めたのですか?

ええ。なんとなくですが。

自分も夫に爆発されたとき、とてもイライラしてきますし。

自分の中の怒りが反映してたのでしょうね、家族や周りの人からも愚痴みたいなのもよく聞かされてました。

NRTを受講したあとは、そこで学んだ解放のワークを自分でやってみました。

最初のうちは、自分に怒りがあることまでは分からなかったのですが、
夫に対する自分のイライラや、(周りから愚痴を)聞かされたらイヤだな・・・という思いから解放するようにしたんです。

解放を重ねていくうちに、イライラする気持ちもだいぶ収まってきました。
気がつけば、家族や周りの人が愚痴を言わなくなったり、夫もイライラしている様子がなくなっていたのです。

それと同時に、両親の身体がパワーアップしたというか、元気になってきました。
夫も以前はよく風邪を引いていましたが、それもなくなってましたね。

今、気がつくとですね、周りが明るく元気になってきたのです。

Q.へぇ~、面白いですね。

先ほど話しましたが、私は怒ってはいけないというのがあって、表面では穏やかにやってるんだけど、内側では怒りを溜め込んだところがあるんです。

もちろん、まだ怒りとかあると思うんですが、少しずつ怒りを解放していったなら周りもまろやかになりました。

Q.周りの変化から、自分の変化が分かったという感じでしょうか。

そうそう、先ほど自分がどう変化したかが分からないと言いましたが、どんどんラクになっているのはそうです。

以前は変なモヤモヤ感が出てきたときも、そこを避けて、元気で楽しいと思い込んでいました。

少しずつモヤモヤ感を感じるようになって、そこに敏感になってきたんです。
モヤモヤ感が出てきたら、それが小さいうちに解放するようにしたら、スッキリするようになりました。

Q.違和感を感じるようになったんですね。

以前は分厚い皮をかぶって、何も悩みがない気がしてました。
何が起きても何の反応もなく、笑ってるという感じだったんですが。

今は皮が薄くなっている感じがして、全てに敏感になってきて、身体のちょっとした違和感があれば、
すぐに解放するようにしたので、溜め込まなくなりました。

Q.西塚さんは毎年、NRTを再受講されてますよね。

NRTを初めて受講した直後は、まだやり方が分からなくて・・・。

学んだワークをやってみて、うまくいくときもあれば、うまくいかないときもあって。
なんか私、分かってないなぁ~と思ったからです。

Q.初めて受講したときと、再受講したときとで変化がありますか?

最初、山崎さんのレクチャーもよくわからないけど、深いところで何かがあるなぁという感じだったのです。

再受講のときは、日常でもワークに取り組んでからレクチャーを聞くので、本当にそうだ!と、
頭のレベルから身体のレベルで理解できるようになりました。

今まで分かってなかったことが、少しずつ身体に染み込んでいる感じがします。

Q.理解が深まってきているという感じでしょうか?

そうそう。初めと違って、すぐに山崎さんの話が身体に入るようになってきたんです。

Q.西塚さんによって、NRTとは何でしょうか?

あぁ・・・難しいですね。

とても自然な・・・色々なことが溶けていく感じがして、

例えば、以前は人の気持ちを分かりたいと思っても、分からないことがあったんです。
それが、目の前の人も自分と同じなんだと実感できるようになりました。

他人とも境目が無くなっていく・・・
肩の力が抜けて、ラクになっていくものでしょうか。

Q.NRTを受講したことは、今後の西塚さんの人生にどう影響するでしょうか?

どんどん、これでいいんだ となってきます。
これでいい、というのも少し違うのですが、感じていることをあえて言葉にするなら、この表現になりますね。

自分を掘っていく作業は苦しくも逃げたいときもあるけれど、それを逃げないで観ていくと何かが溶けてきます。

それが面白いというか・・・興味深いですね。

こういうことを考えているのって自分だけだと思ってたけど、他のみなさんの話を聞いていると、
あぁ根っこで考えていることが、皆同じだと分かってきました。

それをほどいていく作業は、少し面白くなってきたところです。

あと先ほど、家族のことを話しましたが、自分が解放されていくと、相手の何かが
解放されていったり・・・周りが変わっていくのも不思議な感じがしますね。

Q.最後になりますが、NRTはどういう方が受講されるといいと思いますか?

色々な方々にオススメしたいですが、、私が保育士していた関係もあって、子どもと関わる人たちに、特に受講頂きたいなと思っています。

保育士や幼稚園の先生、学校の先生とかね。

子どものときに、一人でも価値観なしで観てくれる大人がいれば、その子どもの人生は、
また何かが違うんじゃないかなと思っています。

また、大人の方も子どもの純粋性をさらに感じて、いい循環が始まるような気がします。

先生だけでなく、何らかの形で人を育てる方に受講頂きたいですね。
ページトップへ