NRTワークショップを受講した 大川さんのインタビューです


現在位置 : トップページ > 受講生インタビュー > Vol.3 大川さん

受講生インタビュー ~Vol.3 大川さん

NRT受講生インタビュー第3弾は、
音声・映像関係の会社にお勤めの大川さんです。

2009年度にNRTワークショップを受講して以来、
何度も再受講を重ねている大川さん。

どのような体験や変化があったのかをお話いただきます。
大川さん

Q.NRTワークショップ(以下、NRT)を受講したきっかけを教えてください。

その当時、山崎さんの別のプログラムを受講していました。
そのプログラムを受講している間に、色々激しい変化が起こったんです。

自分はもちろん、周りの受講生にも。
そんな折に、山崎さんが開発した新しいプログラム、NRTですね、それが始まると聞きました。

どんなのか知りたい!

興味が高まったので、受講することにしました。

Q.NRTを受講して、大川さんご自身にどんな変化がありましたか?

受講したのが、2009年度で、かれこれ4年が経とうとしてますよね。
改めて思い出してみたんですが、焦らなくなったことに気づきました。

以前は、時間を有効に使わなきゃという気持ちが強かったんです。

Q.そうだったんですか。

「アレ、やらなきゃいけない」
「コレ、やらなきゃいけない」

1年中ずっと、チェックリストがずっと頭の中にある状態でした。

私、お正月が好きだったんですよ。

Q.お正月? 私も好きですが(笑)

元旦と次の日だけは自分に「何もしなくてもいい」と許してあげられる日だったんです。

大晦日までは大掃除とかで、とても忙しいですよね。
そこをすぎれば、何もしなくても許してあげられるお正月が大好きだったんです。

そういうのが無くなりました。
時間の過ごし方は、たいして前と変わってないと思うのですが、焦らないで、落ち着いていられるようになったのが大きいです。

自分で自分を追い立てている・・・そんな感じが無くなりました。

Q.追い立てる気持ちにしてたのは、何でしょうね?

たぶん・・・何でしょう。思い起こす限り昔から、意識としては持ってましたね。

時間を有効に、有意義に使ってというのは、世間では良いとされている価値観ですよね。

Q.ええ。

自分でも「それはイイことだ」と思ってたんです。

すごく忙しくしてる感じがありました、気持ちの上で。

Q.「時間は有効に使わなくてはいけない」
 その価値観にこだわらなくなったということですね。

そう、すごくラクになりましたよね。

有効に使いたいと思っていても、実際に有効に使えてる時間は、案外少なかったりします。
結構、ダラダラしてしまう時間も長かったりしますし(笑)

そうすると、自分をずっと責めている感じになるでしょ。

そういうのが一切無くなったから、そりゃラクになりましたよ。

Q.他に、(NRTを受講して)何か変わったことや気づいたことはありますか?

自分が何をどう感じているかに、意識的になったんです。

Q.それまでは、どうだったんですか?

何をきっかけに、自分がどういう風に感じるのか。
特に、考える習慣がありませんでした。

だから、出来事に反応するなら、反応するがままです。
NRTを受けてからですね、「感じていること」に意識を向けるようになったのは。

何か出来事があったときに、今、自分の「この価値観に」反応してるんだな、とか。
今、私は怒っているんだなとか・・・

さらには、怒っている裏に、喜んでいるところもあるな・・・とか。

NRTを受け始めた頃よりも今の方が、心の細かいところまで、意識できるようになりました。

Q.そうですよね。感覚が敏感になってくると、細かい心の機微にも気づきやすくなりますね。

あっ、そうそう、NRT受けてかなり変わったことが、もう一つありました。

Q.どんなことですか?

その前から、NLPやコーチングも勉強してたんです。

ポジティブな考え方とか、ネガティブな言葉を使わない方がいいというのを学んで、それはそれで、今でも自分の役に立っているのですが。

NRTを受けるまで、全く気が付かなかったけど、考え方が不自由になってたんですよ。

Q.考え方が不自由に?

ええ。
全然、自分では自覚がなかったのですが、すごくポジティブ思考なところで固まってたんです。

こういう言葉使ってはいけない、とか、色々な価値観で縛ってました。

NRTを学んでいく中で、何を考えても自由なんだと自然に気づきました。

自分を縛ってた価値観を解放すると、すごく自由になったのです。
どんどん、楽しくなりました。

Q.大川さんの言葉から、すごく自由さが伝わってきます。

その価値観から解放されたからといって、目に見える大きな変化があった訳ではないです。
ただ、すごく自由な感じがしますね。

何をやってもいいし、どんな考えを持ってもいい。
ただ、私はコレを選ぶ。

「コレしかない! と思って、コレを選ぶのではない。
別にどれでもいいけど、今はコレがよさそうかなと思って選ぶ。」

それは体感として全然違うんですよ。

Q.ええ、全然違いますよね。

NRTを実践してから、焦らなくなったし、考え方も自由になりました。

他人にも寛大になりましたね。

精神的に参っている人たちとのつきあいがラクになりました。

以前は、そういう方たちと話していると、何とかしてあげたいと思っちゃったりして、こっちが苦しくなるところがあったんです。

「別に良くならなくてもいいんだ。たとえ病気だったとしてもいいんだ。
その人は、必要なところにいるんだ」

価値観を外して、気楽にその人たちの話を聞けるようになりました。

Q.大川さんは何度か、NRTワークショップを再受講してますよね。

ええ。

「ステージ4は毎年、受けて下さい」
山崎さんも薦めておられるので、ステージⅣは毎年、再受講しています。

昨年くらいからですね、ステージⅠ~Ⅲを再受講するようになったのは。

昨年は転職する前や、転職後で少し疲れを感じた頃に、自分をちょっと元気づけたいと思って受講しました。

Q.始めて受けたときと、再受講のときとで、自分の中で何か変化がありましたか?

一番はじめに受講したときは、NRTは特別なものだと、自分の中で思っていたんです。

受講する前の日から、とても楽しみにしてましたし、ワークして気づきや解放が起こって
「やったーーーっ」って感じでした。

最近は、再受講も重ねてきたせいか、ちょっと違いますね。

Q.どういう風に違うのですか?

ちょっと調子を整えにいこうかな、という感じですね。
他の人とも話してたんですが、整体に行くのと似ています。

やっぱり、家で一人でやるよりは、あの場に行った方が効率がいいですよね。

Q.分かります。自宅で一人でやるより、ワークショップの場の方がワークに集中できますよね。

全然、違いますよね。集中して、時間とってワークに取り組めますから。
家とかだと、たくさんやることがあって、気が散ってしまう。

Q.そうそう。私も同じです。

やっぱり、あの場に行ってやるといいですね。

あと、NRTは、毎回中身が違うじゃないですか。

Q.特に、最近のNRTはどんどん変わっていってます。

再受講といっても、全く同じ内容を復習するという感じではないですね。

でも毎回、受講した後はスッキリします。
これは変わらないですね。

Q.改めて、NRTって何だと思いますか?

なんだろう・・・・自分を知る・・・作業かな。

自分を知って、結果的にラクになる。
世の中がシンプルに見えるようになる、でしょうか。

Q.最後になりますが、NRTはどういう方が受講されるといいと思いますか?

誰にでもオススメしたいです(笑) 本当に。
ページトップへ