NRTワークショップを受講した喜嶋美子さんのインタビューです


現在位置 : トップページ > 受講生インタビュー > Vol.10 赤木広紀さん

受講生インタビュー ~Vol.10 赤木広紀さん

NRT受講生インタビュー 第10弾は、プロコーチとして活躍中の赤木広紀さんです。

2009年度からNRTワークショップを受講し、2011年から5年にわたり、山崎さんとともに大阪でNRTワークショップを開催してきました。
そんな赤木さんが、NRTを通して、どのような体験や変化があったのかをお話いただきました。

赤木広紀さん

Q.NRTワークショップ(以下、NRT)を受講したきっかけを教えてください。

NRTの講師を務める山崎さんとは、かれこれ長いつきあいです。
山崎さんは、私が勤めていた会社の先輩でした。
退職後、私はプロコーチとして活動を始め、山崎さんはNLP(神経言語プログラミング)のトレーナーとしての活動を始めたのですが、ずっと交流はあったのですね。

2005年から2009年までは、山崎さんを講師に招いて、大阪で願望実現5ヶ月コースという長期のプログラムを開催してきました。

2008年頃だったと思うのですが、山崎さんからこう言われたのです。
現在新しいプログラムを開発している、いずれは関西でも開催したい。
まず最初に東京で開催するので、一度受講してみて、関西で一緒に開催するかを判断してほしいと。

その新しいプログラムがNRTで、それが受講した最初のきっかけになります。

Q.受講してみてどうでしたか?

僕はNRTが始まった年に受講したのですが、その時の感想ですよね。
目からウロコがたくさんあった、そのことだけは覚えています。

Q.目からウロコとは、具体的には?

山崎さんがそこで話したことは、深いところで腑に落ちました。
初めて聴く内容にも関わらず、元々知っていたことを思い出させてくれる、そんなレクチャーが多かったですね。

人間が生まれてきた目的とか、この世界の成り立ち。まさに人生の秘密ですね。
それは僕自身、ずっと疑問に思っていたことでしたから。

Q.そういうことに、もともと興味があったのですか?

ええ、中学生の頃から。
この世界の真理や、人としてどう生きていけばいいのか。その探求にとても興味があったのです。
根本的な問いに対する答えがそこにある、そんな体験でした。

Q.初年度から、全てのコースを受講したのですか?

NRTはその当時からステージ1から4までありました。しかし私は用事があったので、ステージ4は受講しませんでした。 ですので、初年度(2009年)はステージ3まででしたね。

Q.その後、赤木さんの会社で、大阪で共催しましたよね?

2010年に続けて受講した、弊社福社長の朝比奈もすごく良かったということだったので、2011年から大阪でもぜひ開催をという運びになりました。

2014年まで大阪で共催を続け、2015年以降は山崎さんの会社が単独で開催しています。
私も朝比奈も、その後もいち受講生として、受講を続けてますよ。

Q.共催という立場でもありますが、毎年受講を続けてますよね?

はい。

Q.再受講を重ねるなかで、何か変化したことはありますか?

やっぱり人間というものに対する理解が深まった、それに尽きますね。
理解が深まったことによる変化は、漠然とした不安や恐れが限りなく少なくなったことでしょうか。

Q.漠然とした不安や恐れが無くなった訳ではないのですか?

そうですね、無くなりはしませんが、なぜ不安や恐れが出てくるのかは分かるようになりました。

Q.どのように分かるようになったのですか?

自分の心の動きというか、内面で何が起きているのかがよく実感できるようになったからです。
あぁ、だから今怖いんだなぁと。
よくわからない、未知なものに対して、人は恐れや心配を抱きます。

自分の中でどういうことが起きているのかが分かれば分かるほど、そういう漠然とした不安というのは減っていきます。

Q.確かにそうですね。

未知なるものの中でも大きいのは、人生ですね。

自分はこれからどうなっていくのか
何のために生まれて、何をして生きるのか。

頭で考えてもなかなか分からないことですよね。

Q.NRTを受講すると、自分のミッションが分かるのですか?

いや、NRTの中で、直接的に教えてもらうことではないのですが。
自分を深くみていくなかで、自分なりに腑に落ちてきたのです。

こういうふうに生きていけばいいんだ、一つの方向性や羅針盤みたいなのが手に入った感覚がありましたね。
そういうのが見えてくると、むやみに焦ることは減ったかな。

Q.そのなかで、漠然とした不安や焦りが減ってきたのですね。

そういう大きな不安というのは減って、人生に関する安心感・信頼感が培われていきました。
もちろん今でも悩んだり、考えこんだりすることは日々ありますけれども、同時に、その奥底では「大丈夫だな」という感覚があります。

その感覚をもちながら、悩むという・・・ちょっとうまく説明できませんが。

Q.何となく伝わってきます。ところで、仕事やプライベートでの変化はありますか?

最初に言ったとおり、僕はコーチングの仕事をずっとしているのですが。

コーチングのクライアントさんも悩んだり、葛藤することをテーマにあげてくる訳ですよ。
そんなテーマをクライアントさんが出してきたとき、昔の自分は「何とかしなくちゃ」という思いが強かったですね。

コーチングはクライアントが答えを見つけるのですが、その答えをクライアントが見つけられるようにするには、どうやっていったらいいか、と焦る気持ちがね。

答えは相手の中にある、これはコーチングの大原則です。
その大原則に対する信頼度を、以前を1としたら、今は100くらいあるという感じですね。

Q.クライアントが答えを導き出す-そこに絶大の信頼を置くのは難しい気もしますが

クライアントさんは、深刻なテーマを話すこともあります。
以前だったら、どうしよう? 自分にこのテーマ扱えるかなとか、そういう不安、心配が出てきました。

今は、本当にクライアントが何とかするのだなぁと。
クライアントに対する信頼度が上がっているのを実感しています。
もちろん相手を信頼しているからといって、「大丈夫大丈夫、なんとかなりますよー」と、無責任に励ましたりするわけではありません。
ただ、大丈夫なんだなぁということが腹落ちしています。

このことをきっかけに、クライアントさんはいろいろと学んで、気づいていくんだなぁと。そのための題材を自ら引き寄せて、ここから成長していくんだなぁと。

Q.コーチングのスタイルも変わったのですか?

いや、やっていることは何も変わらないですよ。
話しを聴いて、質問して、感じたことを伝えて、というのは同じですが、この人は大丈夫だと分かっている感じでコーチングしています。

コーチになりたての頃は、「クライアントに答えがあることを信じよう!」と頑張っていた感じでしたが、今は良い意味で当たり前という感じですね。

Q.それはNRTを受講してからの変化ですか?

そうですね。直接的に何を学んだからというのではないのですが、NRTを受講していくうちにそうなったという感覚があります。

Q.長きにわたって、変化し続けたのですね。

はい、自分自身に深く気づき続けています。
自分のなかでの課題というか、影にしてしまったもの、切り捨ててしまったものとの出会いがありました。それらは決して忌み嫌うものではなかったのですね。

あとは他の人に対して、いやだなぁとか苦手だなぁと思うときは、自分のなかの見たくないものを相手が鏡として映してくれていると、しみじみ実感するようになりました。

こういうのは、鏡の法則とか、本では既に知っていたのですが、知識ではなく、本当にそうだなぁと。自分が受け入れがたい人こそが、あぁ、自分だったと深いレベルで気付くんです。

そうすると、今まで感じていた「苦手だなぁ」とか「腹立つなぁ」という気持ちが、本当に薄れてきました。かといって、すごく好きになるというのではなく、普通にその人のことを観てるという感じでしょうか。

でも、まぁ、未だに子どもに対しては、おもいっきり腹を立てたり、怒ったりもしますが(笑)。まだまだ、修行中ですよ。

Q.最後になりますが、NRTはどういう人にオススメしますか?

昔の僕みたいに、ミッションや人生の目的、何のためにいきるのか、そういうものに対して興味関心のある方にはオススメですね。

乾いたスポンジが水を吸収するように、色んなことをすごく吸収できるんじゃないかなと思います。

何のために生きるのかということは、知って終わりではなくて、本当に大切なのは、思い出した人生の目的を生きるということだと思います。

ミッションというのは自分のために何かをするのではなくて、誰かのために何かのために貢献するものですから。
それが深いところで分かる内容となってます、NRTは。

自分は何者か? 何のために生きるのかを探求してる方、そして、探求したミッションを生きたい方には、非常にオススメします。
ページトップへ