NRTワークショップについて、よく頂く質問に対してお答えします。


現在位置 : トップページ > よく頂く質問

Q1.これまでに、どういう職種の方が受けていますか?

NRTは、特定の職種や年代を対象としたセミナーではありません。

医師、税理士などの専門職、経営者、保育士、サラリーマン、OL、主婦、セラピスト、セミナー講師など、様々な分野の方々に参加いただいています。

肩書や職種は一切関係なく、みなさん一人の人間として、お互いの姿から学びあい、親交を深めています。

Q2.自分の本来の気質を知ってしまうと、今の職業や地位を手放すことになるのですか?

NRTを受講して、本当に望んでいることを知ってしまったら、今の仕事を続けられなくなるのでは・・・そんな不安はよく聞きます。

しかし、NRTでは、急激な変化は出来るだけ避けるようにとお伝えしています。現に大半の受講生は、好き・嫌いにこだわらず、現状の仕事を続けておられる方が大半です。

NRTを受けることで、本来の気質にあった仕事に就きたいと思うよりも、むしろ好き・嫌いのこだわりが無くなって、どんな仕事でも自分の気質を活かせられるようになってきます。

Q3.自然な生き方を目指すということは、成功を追い求めなくなるのですか?

自然な生き方を目指してしまうと、成功に興味がなくなり、事業意欲が無くなるのでは・・と不安に思う方も多いようです。

「成功や名声を追い求めたい・・そう思っている方は、素直にそれを目指してほしい」
NRTでは、そうお伝えしています。

欲望を否定して、自然な自分を目指してしまうのは本末転倒ですし、余計な葛藤が増えるだけです。

むしろ、自然な生き方をすること、成功を追い求めることは、決して矛盾することはないと思います。NRTで学ぶ手法で、課題を解消していくことで、気がつけば、自分が望む状態になっていることはあるでしょう。

Q4.このプログラムを受講すると、何が得られますか?

NRTを受けると、コレが学べます、アレが得られます、といったことは、極力お伝えしないようにしています。

なぜなら、得られるものを事前にお伝えしてしまうと、その方が抱いたイメージ通りのものしか得られず、イメージ通りの体験しか出来ません。

NRTというセミナーを通して、あなたが何を得るものは、こちらでは計り知れないほど、大きな可能性があります。

あなたが何を得たいと思っているのか、深い部分では答えが出ているはずです。
NRTの手法を使ってそれらを探っていきます。

実際にこれまでのNRTでは、受講前には思いもしなかったこと、私どもも予想しなかったレベルのことを、体得される方が多かったです。そのことを、お伝えしておきます。

Q5.ステージⅠ~Ⅳまで、順番に受けないとだめなのか?

NRTは、ステージをⅠからⅣまで重ねることで、学びが深まっていく体系となっています。

ステージⅠで学ぶワークを習得することなしに、ステージⅡに進んでもそこで習得するワークは理解できないようになっています。

あくまで、ステージⅠ⇒ステージⅡ⇒ステージⅢ⇒ステージⅣは階段になっていて、前の段階で習得するワークや理解する内容が土台となって、後のステージが理解できるような構造となっています。

逆に、ステージⅢやステージⅣなど上位の段階に達すると、ステージⅠやステージⅡなど初期の段階で行っていたことの意義を深く理解するにいたります。

ステージⅠやステージⅡは基礎を扱いますが、基礎の重要性が解るのは全体が見えてからの場合が多いからです。それは、建築物を建てる時にも基礎が最も重要ですが、それはただ基礎を作っている時にはわかりにくいのと同様です。

Q6.セミナー日程の中で受講できない日があります。補講はありますか?

例えば、東京でのステージⅠの第3日目だけ受講できない場合、東京の別日程のステージⅠを残り1日受講頂くことや、大阪開催で受講頂くことは可能です。

また、別日程では都合がつかない場合でも、次回以降での補講が可能です。

Q7.ステージⅡとⅢとⅣは同時に申し込まないといけないのですか?

はい、ステージⅡとⅢとⅣはセットでの申し込みとなります。

ただし、再受講の方は、ステージⅡ・ステージⅢ・ステージⅣいずれかのみの参加も可能です。

Q8.ステージⅣは、なぜ6日間連続なのですか?

ステージⅡ・Ⅲは、受講生の便宜を考えて3日間としています。
ワークショップの内容的にも、分けて受講することが可能と判断しました。

それに対して、ステージⅣで学ぶ内容は非常に深遠なため、6日間連続で受講して初めて理解が深まるコースとなってます。

ただし、ステージⅣの全日程(6日間)を全て受講することが、受講必須条件ではありません。
受講日数については、相談に応じます。

Q9.ステージⅠは大阪で、ステージⅡは東京で そんな受講の仕方は出来ますか?

はい、可能です。

実際に、ステージごとに、ご都合のよい開催地(東京、大阪)で受講されている方もおられます。

東京と大阪とでは、開催日程が異なりますので、ステージⅠの第1日目は大阪で、2~3日目は東京で、といった受講の仕方も可能です。

お申し込みの際に、事務局にご相談くださいませ。

Q10.再受講はできますか?

はい、再受講は可能です。

NRTで学んだ手法は、日常生活で活用するにつれ、だんだんと自己流になっていくことが多いようです。

自分のやり方を見直す機会に、ぜひ再受講を活用してほしいと、これまでの受講生にお伝えしています。

また、日常生活では、自分一人ではなかなか解放できない課題に直面するかと思います。その場合は、安全な場で講師がリードした方が解放しやすいです。

そのためにも、受講しやすい再受講価格を設定しております。
実際に、NRTワークショップでは毎回、再受講の方が多数おられます。

受講スケジュールは本サイトに随時掲載していますので、チェックして下さい。

Q11.NLP(神経言語プログラミング)とどう違いますか?

NLPは、米国のリチャード・バンドラーとジョン・グリンダーが開発した心理学です。
NRT代表である山崎啓支がトレーナー資格を取得し、2002年よりNLPの考え方や手法を伝えてきました。

それに対して、NRTは山崎啓支が独自に開発した手法です。まず、そこに違いがあります。

その上で、内容にどのような違いがあるかをお伝えします。

あくまでも山崎の意見ですが、NLPは価値観の書き換えに適したやり方だと思います。また、脳機能的に深く理解できます。脳の取り扱い説明書と言われるだけあって、多岐にわたる用途に使えます。

それに対して、NRTは技術というよりも生き方です。
人間が成長するのは、体験と気づきによってですが、NRTではこの体験と気づきの質を飛躍的に向上させて、成長のスピードを加速していきます。

どちらがいいとかはありません。
あえて違いをお伝えするなら、NLPは多くの技法をお伝えして、より具体的な場面で応用できるようにします。
NRTは少数の根底的なスキルを通して、全ての課題に適用できるようにします。

Q12.このセミナーは、他の自己啓発とどう違いますか?

あえて言うなら、手法ではなく生き方が全面に出ています。

コーチングやNLPというのは、手法やスキルが全面にあって、それを活かす生き方が背後に控えていると考えています。

それに対して、NRTは生き方がまず全面にあり、そのための手法が背後に控えているものです。

Q13.現在、心療内科に通っています。セミナーに参加できますか?

NRTは、精神面だけでなく肉体面でも、出来るだけ万全な状態で受講頂くことをオススメしております。

というのも、それぞれの課題に気づき、解放していくには、心身ともにかなりの体力を要するからです。

安全に受講頂くためにも、医師からの治療を要する方は、受講をお断りさせて頂くことがありますので、予めご了承ください。

Q14.修了後、資格は発行されますか?

特に、資格も修了証も発行していません。

NRTは、何かを得るためではなく、ありのままの自分に戻っていくためのセミナーです。

何かを身につけることが、最終的には自分を苦しめる要因となることを知っていますので、あえて資格を発行することはありません。
本ページ(よく頂く質問)以外のご質問は、お問い合せフォームをご利用くださいませ。
ページトップへ