NRTワークショップ(ステージⅠ~Ⅳ)を受講した方々の感想です。


現在位置 : トップページ > 受講した人の感想 > NRT ステージⅠ

受講した人の感想 ~NRT ステージⅠ

川上 様 (40代 鍼灸師)

日常で起こる諸問題は、それまでの人生で避けてきた課題に気づき、その課題を終了させるために起きている。
そして避けてきた裏の背景には、様々な手法を使って、課題から目を背く行動を取ってきたことからくるという一連の流れを、講義や受講生のシェアを通じて、腑に落ちるように理解できた。
大事なのは講義で学んだことを日常での実践を通じて深めることである。
そのために、まず課題の存在に色付けせずにそのままで認識するということを習慣化させていこうと思う。
 (2015年1月10日~12日)

匿名希望様 (50代)

  • 光が影をつくり、影が光をつくる-両方の相互関係がよく理解できました。
  • 価値観が価値判断(基準)を生んで、人は苦しむことになる。
  • こうでなければいけないと、そういう事と比較して人は苦しむのであるが、価値判断を無くして物事をみると、「ただそのものだったり、起こっていること」だけであるので、良い・悪いの感情が無くなる。
    そうすれば、何かに自分を比較することもなく、すごくラクで、自分に縛られることが無くなる。本当にストレスや悩みは全て、自分自身で作り出していると感じました。
  • 山崎さんの話は専門用語もなく、ものすごく理解しやすいので、すごく納得でき、心の中にも充分に入って、体感できました。
  • 嫌な感情を思考を止めて味わう-これで本当に嫌な感情がなくなり、驚きました。
またステージ2も行きたいと思っています。
 (2015年1月10日~12日)

匿名希望様 (50代 コーチ)

色々な意味で来て良かったと思う。
再受講だったが、とても新鮮な学びだった。
潜在意識の力はとても大きく、巧みだということも一方で感じるので、今後もまた同じことが繰り返されるかもしれないし、道に迷うかもしれないし、反省の繰り返しかもしれません。
NRTを学び続け、その都度、再スタートを切っていきたい。
(2015年1月10日~12日)

匿名希望様 (30代 会社員)

3度目の再受講ですが、この場、そして私自身も深まっているなと素直に感じます。
何度か
  • NRTは生き方。この場は育む場
  • 年々進化しているもの
とお聞きしました。今日はその通りだと気づきました。
日常の違和感、ドロドロ、怒り、哀しみ、嫉妬、これらを嫌なものとして処置するのではなく、私というものから発した「かけがえのない」ものなので、重要な素材として活かしていきたいです。
ベーシックだからこそ、この場でチューンナップしていきたいです。
ありがとうございました。
 (2015年1月10日~12日)

匿名希望様 (50代)

5年ぶり程で3回目のステージ1を受けることができて、タイムリーでありがたかった。
NRT自体と山崎さんも、前に一緒だった仲間たちも、皆が高いレベルにあがっていたので、ひっぱって頂けて、深い学びになった。
頭でわかっていても理解できない抵抗がまだまだ沢山あり、これからもっとNRTもワークも実践して深い学びにしていければと思う。
わかったと思ったり、やはり、わからないと思ったり、感覚的にわかったことを、とりあえず土台にして、一つ一つの感情と丁寧に向かい合ってみたい。
3日間、本当にどうもありがとうございました。
 (2014年11月22日~24日)

匿名希望様 (30代 会社員)

とても勇気と感動をいただけました。
自分の人生を知ることが自己理解につながっていくことを感じています。
どんな出来事もそのときの解釈によって影響を受ける、内容はかわってくると思いますが、良い悪いを超えて直視していける自分であればより良いなと思います。
痛みを取り戻すことを受け入れていくことの重要さや価値など、これからもっと深めていければと思います。
とても貴重な3日間でした。
ありがとうございます。
 (2014年11月22日~24日)

K様 (50代 コーチ)

久しぶりのワークショップとなりました。
NRTの場はいつもホームに帰ったような気がします。
3日間が始まる前、身近に小さな葛藤を感じることがいくつかあり、ワークショップの中では、自然とそれを扱うことになったのですが、そうした理解も、今までにない体験を促してくれたのではないかと思います。
同じように「味わう」ことをしながらも、体感できる世界がこれまでと全く違いました。
特に3日目は、かなり深く味わえたような実感がありました。
(と同時に、どこまでも無意識の抵抗が存在することも体験しました。)
このワークショップは、私が本当にNRTを生きる上での起点になったようにも思います。
ありがとうございました!
 (2014年11月22日~24日)

匿名希望様 (40代 主婦)

生活していると、本当に様々な事が日々起こります。
ふとした出来事で感じる感情・・・その感情は目の前の人に対して感じているのではなく、遠い昔に忘れ去られてしまった私。
地中深くに埋めてしまい、ずっとずっと封印してきてしまった過去に体験したその感情を再体験すべく目の前にその出来事が起こるという不思議な仕組み。
そんなことを知っている人は、決して多くはないのではないでしょうか。
NRTを受講し、光と影の本当に意味するところを少しだけでも理解することができたことが、とても嬉しく感じる反面、NRTは浅い理解ではなく、人間の本質的な理解へと深くいざなうものなので、ステージⅡがとても楽しみになりました。
NRTは自分を理解する楽しみでもあり、また、産みの苦しみを味わうものでもあります。
本気で自分の人生を見つめ直したい人には、本当におすすめのNRTです。
3日間、どうもありがとうございました。
 (2014年9月26日~28日)

匿名希望様 (40代 コーチ)

本を読むだけでなく、実際に体感してみて本当に良かったです。
人と共に学ぶこと、そして、感じることで、より自分自身も深く見つめることができました。
自分の人生をふり返りながら、話を聴かせていただいて、いろいろなことが、より腑に落ちた感じがします。
コーチングやセラピーとNRTとの違いもすごく学びになりました。
今、自分がやっていることにも別の意味で自信になりました。
自分自身の役割をより確信できた気がします。
本当にありがとうございました。
 (2014年9月26日~28日)

H.F様 (40代 会社員)

今までに学習してきて既成概念をすべて崩壊させるほどの衝撃でした。
すべてを理解するために論理性・思考を重要視していましたが、理解出来ない、論理に合わないことにも許可を出させている自分に出会うことができました。
この後もNRTを学び続けたいと思います。
 (2014年9月13日~15日)

桜みな美様 (50代 百貨店販売員)

自分が悩むことは自分が作り出していた。それでも、自分を守る為にやってきたこと。
NLPを学ぶ前からとても関心があったNRTでしたが、NLPを学んだ後で良かったと思います。
NLPを学んだ時から場で感じること、その場に参加する尊さを感じていましたが、NRTはよりシンプルでより深く、人間として生きている事にテーマを絞り込んだ印象でした。
人生を振り返ると、自分を否定してしまった事が多かったと思いますので、1つ1つ味わうワークを実践して、今の自分の枠から自然な形で抜け出せると感じています。
歌うことをテーマとしているので、苦しみこそすばらしい財産として、ありのままの自分で表現していきたいと思います。
ありがとうございました。
 (2014年9月13日~15日)

R.S様 (30代 塾講師)

とてもとても大切なことを気づかせてくれました。
ほんとうの意味で「今ここ」にいること、それが全てなのだなと思いました。
新しいことを学んだというより、忘れていたことを思い出したような感じです。
本当にありがとうございました。
 (2014年9月13日~15日)

M.O様 (40代 会社員)

普段は割と理解力がある方なのですが、NRTはまるで次元が違うことで今の私にはほとんど理解できなかったです。
ただ、感じたことや変化は確実に起こったので、どこかで新しい一歩を踏み出した感覚もあります。
また分からなくても当然だという気もします。
時々、自分の中がからっぽのように感じることがありますが、ダメな自分を地中に埋めてしまったからかもしれないと思います。
隔たりをこれから埋めていきたいと思います。
 (2014年9月13日~15日)

T.K様 (40代 自営業)

非常に深い学びをさせていただきました。
今まで考えたこともないようなものの見方や考え方を知ることができて楽しかったです。
思考的ではなく、感覚的に学んだので、まだ整理がついていないのですが、その感覚を思い出しつつ、日常生活の中で実践していきたいと思っています。
おそらく、講座中のようにうまくいかないこともあると思いますが、それはそれとして受け入れ、焦らずになっていきたいと思います。
とても大切なものを得られた感覚がありますので、受講してよかったと感じています。
 (2014年8月30日~9月1日)

匿名希望様 (40代 主婦)

ずっと解決できない問題に突破口が見つかったり驚きの連続でした。
世界の捉え方、自分の感情や思考の捉え方がこれから変わっていくような気がします。
 (2014年8月30日~9月1日)

Y.A様 (50代 カウンセラー・講師)

無意識の力のすごさに、人の本質の深さを感じました。
1日1日違った感覚を味わい、本当に深い時間をすごせました。これから日常の中で、「ピュリティをほほえむ」をやりたいと思います。
山崎さんをはじめ、アシスタントの皆様、ありがとうございました。
 (2014年8月30日~9月1日)

M.K様 (30代 経営コンサルティング)

自分自身に向き合うスタンスを見つめる3日間になりました。
明確な目的があって参加したのではなく、何となく必要性を感じ、再受講に申し込みました。
そして、今まで嫌いだった私利私欲まみれの人々と、人の役に立ちたいという価値観を持つ自分が全く同じ存在であったと感覚レベルで気づいたとき、肩の力が抜けて、ほっとした自分がいました。
お互いに重要と考えている価値が異なるだけで、お互いに自分が大切にしている価値を最大限発揮しようとしていただけ、同じスタンスだったらからです。
また、麻痺をして寝てしまう時間も多くありました。
何のために参加したのだろう?と疑問に感じたり、時間の労費かも、と考えたりしつつ、やっぱり自分の方向性として、必要なものなんだろうとも感じております。
この3日間で明確に何を学び、何が成長につながるヒントだったかは、よくわかりません。
しかし、今の自分に必要なプロセスなんだと思います。
新しく会社を設立し、より自分らしく自分を表現し、自分の能力を発揮するには、引き続き見つめていきたいと思います。
なんだか、まとまりのない感想になってしまいましたが、ご了承ください。
そして、今回も色々とありがとうございました。感謝、感謝です。
 (2014年7月19日~21日)

匿名希望様 (50代 カウンセラー・講師)

参加できて本当に良かったです。
これまでの人生の中で、私がどれだけ多くのことについて気づかないふりをしてきたり、感じないふりをしてきたかに気づきました。
それらは気づいたり感じたりするには辛すぎることで、麻痺させることがこれまでの自分には必要だったということもわかりました。
でも、やっと、ありのままの自分を感じる覚悟ができた!と今は感じています。
恐怖もあるけど、それ以上の期待感をもって自分のペースで進んでいこうと思います。
3日間、ありがとうございました!
 (2014年8月30日~9月1日)

匿名希望様 (50代 コンサルタント)

人生の秘密を何度も読んで、ワークを実践していた私ですが、3日間のセミナーは、驚きと感動と新しい気づき、発見の連続でした。
頭でわかった気持ちになっていることは、ほんの少ししかなく、仲間のエネルギーの力によって繰り出される体験は、宇宙空間にいるようでした。
苦しい暗い世界の後に、パッと目も覚める、明るい世界が広がったり、不思議な魔法にかかったような体験だったり、新しい本当の自分が生み出されていく感覚は、言葉で言いつくすことはできません。
全ての世界が一体でつながっているイメージが、セミナー空間にありました。
苦しい、つらい経験の反対側には、愛のエネルギーがあると、ことばではわかっても、体験することは何千倍も何万倍も価値があると思いました。
本当に皆様、ありがとうございました。
 (2014年7月19日~21日)

M.K様 (40代 主婦)

2日間でしたがとても深い時間を過ごすことができ感謝しています。
私が初めてステージ1を受講した2011年とは全く違うステージが広がっていたように思います。
初めて参加された方の理解度の早さにも驚きましたが、アシスタント、再受講の方々のアシストの意味も今回手にとるようにわかりました。
その時はツライのに、終わると楽、というか、気持ち良い。山登りとか、北極点到達とかアマゾン冒険家とか…って、こういう気持ちなんでしょうか。
そこにNRTがあるから参加する…今後もよろしくお願いしたいです。
 (2014年7月19日~21日)

M.O様 (50代・福祉関係)

2日間、あっという間でした。お世話になりました。
気づきの最大のことは、「リーダーにうとまれる・・・」という悩みは、自分から生み出してきているものだということです。
それは、気づいたことで何か新しいステキな道が開いてくるのかと思いきや・・・かえって自分のエゴさがまる見えとなり、これからどうすればいいの?と混乱してしまいました(2日目最後は落ち着きました)
たぶん、この2日間で、少しはまわりが見え始めてきて、また、「感情のゆらぎ」が多々出てくるだろうと思います。
今までは、真っ向から自分の意見、感情を相手にぶつけてきていて、お互いに傷つき苦しんでいました。
これからは、その感情を「味わい」、よりよい(愛の)方向へお互いすすめるように自分の気持ちを向けていきます。
私は、進化できるのだろうか・・・?!
安易な道へ逆戻りしてしまうのか?!
すみません。自分でもわかりません。
ありがとうございました。
 (2014年6月27日~29日)

青空様 (40代 主婦)

どうすればいいの? わからない・・・自分にはどうすることもできない・・・
大きな出来事が起こったとき、無力感、あきらめの気持ちでその現象が過ぎ去るのをじっと耐えるより他に道はありませんでした。
そんな中、ワラをもつかむような心境でNRTに参加申し込みをしました。
NRTは、想像していたよりもとても奥が深く、今の私にはまだ少しの理解しか生まれていないかもしれません。
山崎さんのお話を聞いてると、もっと真実を知りたい・・という気持ちがつい出てきてしまうのですが、そういった気持でいると、物事を正確に理解する事ができない事を山崎さんに指摘され、なるほど・・と納得。
自分で自分にしっかりと責任をもって生きていく入口にすぎない事がよくわかりました。
そうは言いながらも、ステージ1は、とても内容が濃く、本気で自分の人生を生きていきたい人にとっては、とても意味のあるものになるでしょう。
まだ入口に入ったばかりですが、これから実生活でステージ1で学んだ事を取り入れていきたいと思います。
NRTは、救いでもあり、そして、失望する事もあり、「光と影」「光は影でもあり」「影は光でもある・・・」この事の理解を深めてゆく、奥深いものですね。
これからの人生に、また1つ楽しみが増えました。苦しみかもしれませんが(笑)
3日間、参加させていただきて、どうもありがとうございました。
 (2014年6月27日~29日)

匿名希望様 (60代)

NRTの概要もカリキュラムも何も分からないままに、ステージ1~3を申し込みましたが、参加させて頂いて、場のエネルギーにふれて、やっぱり予定されていたことに気づきました。
今まで、ホ・オポノポノやバシャールの本を読んだり、実践したりしてきて、気付きは色々と得てきたつもりになってましたが、知識で知っているだけで、魂自体への栄養には何ら伝わっていなかったことが分かりました。
これからの人生、「すべてが自分」という感覚を体験して、100%自分の責任で自分の魂に向き合いたいと思いました。どうぞ宜しくお願いします。
 (2014年1月11日~13日)

匿名希望様 (30代)

再受講なのですが、何度受講しても、新鮮な学びと気づきがあります。
参加者のみなさん、山崎さん、そして場の力、毎回それが違うし、自分がその時に課題としているものも違うので、始めて参加するかのごとく、フレッシュな気づきがあります。
それでもNRTを何年も続けてきたからこそ、気づく力や味わう力が徐々に強化されていっている気がします。また、NRTの学びを始めたおかげで、人生が「NRT前」と大幅に好転しました。
「ここまで学んだら終わり」というのがなく、どこまでも深遠なNRTですが、ステージ2、3、4での学び、そして、その間の日常生活からの学び、共に楽しみです。
ありがとうございました。
 (2014年1月11日~13日)

匿名希望様 (30代 会社員)

悪く言えば自分をえぐる、よく言えば自分に気づく三日間だったと思います。
特に美学や道徳心が頑ななプライドを築いていたことがよく分かりました。
これからのステージがすごく楽しみです。
なぜか自分が重たく感じる。重装備なよろいをつけているから。
無防備が悪ではない。むしろ原型中の原型です。
今のよろいが嫌なら衣替えすればいい。今日とこれからのステージで衣替えしていきたいです。ありがとうございました。
 (2014年1月11日~13日)

匿名希望様 (50代 コーチ)

ワークの中で、自分がテーマにしていなかった価値観がポンと出てきた。
それは新しく発見したというよりは、自分が克服してきて気にならなくなっていると錯覚したものであると感じだ。
向き合うことから逃げていた自分があったのです。
今回のセミナーで、様々な自分のエゴ(価値観)と過去の体験がいくつも連なって出てきました。これらに向き合うために、NRTに参加しようと思った。
とりあえず、自然に任せて体験していきたいと思っています。
ありがとうございました。
 (2014年1月11日~13日)

匿名希望様 (40代 教員)

日々忙しさはあっても、特に落ち込むほどの悩みもなく、苦手な人もおらず、数年前よりも数倍幸せな毎日を送っていると思っていました。
ところが、ステージ1を終えて、もしかしたら以前よりもより巧妙に自分をごまかした結果が、今なのではと思うようになりました。
考えても仕方がないので、あとは山崎さんにお任せして、山崎さんと他の参加者の方たちと共に、ステージ2・3に参加してみようと思います。
 (2014年1月11日~13日)

匿名希望様 (30代 作業療法士)

来て良かったです。話が聞けて、皆と時間が共有できて、エネルギーを受け取ることができたと思う。
価値観や宇宙の法則は複雑であるが、少しずつ目の前の課題に向き合うこと、ピュリティを微笑み、味わいを繰り返すことで体験できて、気づいていくのかなと思う。
今のままでもいいのかな、今を味わうこともいいのかなと思う。
ありがとうございました。
 (2013年11月2日~4日)

匿名希望様 (30代 会社員)

何故この場に来たのかわかりませんでした。
そして、ステージ1の受講後の今、その意味を本当に嬉しく思っている自分を知る事ができました。
続けてこの場にいたいと思います。
ありがとうございました。
(2013年11月2日~4日)

喜嶋 美子 様 (40代 英会話講師・コーチ)

自分の中で言葉や理論への重要度が高くなりすぎていたためにマヒしたまま生きていた自分をあらためて振り返ることができた。
そして、その後、真逆に体感体験へのあこがれが強まり自己否定をより強め、その自己否定を隠すために偽物の自己否定を身につけたい体得したいと懸命になった私だった。
今回3年ぶりのステージ1で初めてどちらも受け入れる準備が整ったのか、小さな体感にOKを出せ、スタートラインについた自分を感じました。
ありがとうございました。
一番外側の背負っていたものを一つおろせたのかもしれません。
(2013年11月2日~4日)

匿名希望様 (40代 主婦)

「苦しみながら解放されたい」という一心で、NLP→NRTとずっとここまで来たのですが、本当の目標がやっと今見えたような気がします。
私は変わりたい変わりたいと強く思いながら、変わりたくなんかなかったこともわかり、次の一歩がふみだせそうです。
それから、今後の子育てにおいて、「今まで学んできたことを活かすぞ(=私と同じような苦しみを味わってほしくない)と思っていましたが、気負わず、育てていけそうです。
一生に一度の貴重な時期に(妊娠時に)このような学びを得られたのも幸せです!
ありがとうございました。
(2013年11月2日~4日)

匿名希望様 (50代 会社員)

ピュリティを微笑むことの意味、効果を体感することができました。
まずこのことを実践し続けていきたいと思います。
ステージ2を楽しみにしています。
 (2013年9月21日~23日)
  

匿名希望様 (30代 会社員)

書籍「人生の秘密」を読んだだけでは、理解できなかった部分が、体験(ワーク)を通じて、理解できたと思います。
また、書籍に書いていない(書くことができない)テーマについての話を聴けて、大変に良かったです。
特にパソコンやスマホについてなど、自分の生活を見直すヒントを頂けました。
今回は3日間とも、他のセミナーでは経験したことがない素晴らしい「場」を提供していただけたので、先生と他の参加者の方々に感謝しております。
ありがとうございました。
(2013年9月21日~23日)

匿名希望様 (40代 コーチ・研修講師)

初めて再受講させて頂きました。リピートされる先輩方の気持ちがわかりました。
昨年ステージ1~4まで一通り受講しましたが、学ぶことの多い3日間となりました。
この3日間は、時間の質量が豊かでまろやかな感じがしました。とても穏やかで優しい空間に身を置くことで、自分自身と向き合えることが出来ました。
山崎さん、みなさん、ありがとうございました。
(2013年9月21日~23日)

M.M様 (40代 主婦兼マナー講師)

今、ステージ1終了し、やっぱり来てよかったと思っています。
あのDVD、3回目なのですが、今回が一番気づくことがありました。
最近なぜか20年来の友人によく会うのですが(10人~20人規模で)「何か変わった(良い意味で)」「落ち着いているのに軽やか」と言われます。
自分ではNRTに出会った2年半前と、違いがそれほどわからないのですが、そう言われるとうれしくなったりしています。
また、今年のステージ4終了後、7年間専業主婦だったのに、急にマナー講師やライターの仕事が入ってきて、忙しい毎日を過ごしています。
あれだけ「働きたいのに働けない」というテーマをかかえていたのに不思議です。
かも、急に仕事が来たら今まではパニックになったり、ものすごいストレスをかかえてそうなのに、意外とサラッとやってのけています(まだまだたまるときもありますが・・)
これからも参加させて頂きたいと思っています。
ありがとうございました。
(2013年9月21日~23日)
  

匿名希望様 (40代 主婦)

山崎さんの本を読ませていただいて、とても感動し、会ってお話を伺いたいその気持ちだけで参加しました。
3日間終わってみて、あっという間だったような、もっと何日間もあったような不思議な時間の感覚でした。
途中、何度も苦しくなったり、嫌な気持ちで一杯になったりもしましたが、山崎さんや他の参加者の皆様の力でなんとか助けられ、たくさんの学びや気づきを得ることができました。
また、一見底辺にいるように見える方達こそ、その上にいるように見える方達を支えているスターなんだという考え方にとても感銘しました。
こういう話がとても聞きたかったです。
本当に山崎さんや参加者の方々やアシスタントして下さった方に感謝の気持ちで一杯です。
本当にありがとうございました。
 (2013年7月13日~15日)

匿名希望様 (40代 自営業)

3日間ありがとうございました。
正直、おなか一杯という感じで、特に3日目の今日は、すごく気持ち的にゆさぶられた感じがします。
自分の中にある影の部分を今まで許してこなかったので、また、見てこなかったので、いろんな問題(?)が起きてきたのかなぁと感じています。
いつも、今のままの自分ではまだまだと感じていて、いろいろがんばれた部分もありますが、やり終えた後、空虚な感じを抱くことが最近多かったので、これって何?と思っていました。
自分では空虚さからくるエネルギーで動くことはやめられたのかな?と思っていたのですが、まだそこから脱け出していなかったようです。
今回、学んだことをまず日常の中でやってみたいと思います。
本当にありがとうございました。
(2013年7月13日~15日)

匿名希望様 (40代 自営業)

3日間、本当にありがとうございました。
言葉では言い尽くすことができない体験で、どのようにこれら学びを伝えることができるのか、学んだ感想を伝えることができるのか、わかりません。
ただ理解とは、頭ではなく、身体全体で習得するものだといえるならば、このNRTは、その身体の習得を実践の場として学べるすばらしいセミナーだといえると思います。
世の中には、あらゆるスピリチュアルなセミナーから理論的なものまで数多くのセミナーはありますが、このNRTは、理論もシンプルでわかりやすく、それらを日常生活で実践することのできるレベルまで、より具体化されたものです。
私は1から4まで何度か受講させていただいておりますが、シンプルな素振りを、毎回、型をチェックいただきながら精度をあげていく、そんな場なのだと思います。
また、次回も受講させていただきます。
よろしくお願いいたします。
(2013年7月13日~15日)

匿名希望様 

日常生活のなかで、いろいろなことが起きてくると、エゴを嫌なもの、どうにかしたいものに気づくとしてしまって、エゴを理解することができていなかったり、周りに起きたこと、モノ(世界)を切り離してしまっていることがまだまだ多いなと感じました。
これまでに学び気づいてきたこともいつの間にかにすっかり忘れてしまうので、再受講で参加させて頂けることはとてもありがたいです。
そして、ステージ1でも一緒に参加したメンバーのおかげでとてもたくさんの気づきがあり、とても深い3日間でした。
本当にありがとうございました。
(2013年7月13日~15日)

匿名希望様 (40代 医師)

普段はできるだけ見ない様に見ない様にしている感情のゆらぎが、そのまま何かのエネルギーに変わっていく状態を実感しました。
静かな感動と、過去、現在、そして、未来がすべて自分であるという実感が全てだったと思います。
それでもおそろしく、より細かな分析、モデル化と言語化の方向には進み続けるだろうし、分離を承知で最善の方法を探し続けるでしょうが、そうではない部分も理解し、愛し続けたいと願っています。
(2012年12月7日~9日)

K.I様 (50代 団体職員)

半年ぶりの受講はホームに帰った気持ちで、2日間を過ごしました。
講義の内容があまりにも深く、どれだけ理解できたのか心もとない気持ですが、受けたエネルギーは体の奥深くに残っていると信じて、また日々を過ごしていきたいと思います。
山崎さんご自身の変化を毎回目の当たりにさせていただき、NRTが進んでいく方向に確かなものを感じていますので、今後、遅々たる歩みではあっても、進み続けたいと思っています。
そして、自分自身を理解し愛していきます。
ありがとうございました。
(2012年12月7日~9日)

N.M様 (40代 公務員)

言葉になりません。とても深いところをゆさぶられているようです。
少しずつ時間をとって、ふり返ってみようと思っています。
来て良かったです。
静かな喜び、感動が起こっています。
(2012年10月6日~8日)

K.K様 (40代 自営業)

今回、3年前に受講後、久しぶりの再受講でした。
ワークも、扱われるテーマの深さも、更に進化し、まさに山崎さんの進化、人生ととともにあるものなのだなと実感しました。
2日間、本当いあっという間で、楽しく、そして、大いに勇気づけられる(学びとは、楽しく、自分の本当に望んでいることなのだなと実感できる)セミナーでした。
たしかに、今、こうして感想を書こうとすると、とてもその良さを説明しきれないものですね。
セミナーも、本だけでは理解しがたい素晴らしいものです。
是非、ご受講をおすすめいたします。
特に、葛藤を感じている人には、最適ですね。
ありがとうございました。また、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳの受講を、日々の学びが楽しみです。
(2012年10月6日~8日)

Y.M様 (40代 主婦)

2回目の第一ステージでした。今回、初めて腑に落ちたことがたくさんありました。
・「もとに戻る」ということがどういうことが、感覚的にわかり始めました。
・エゴがあるからこそ、本当に自分の望む状態は何か、気付くことが出来る、ということを体験しました。
 そして、エゴのエネルギーが大きいほど、それが解放への原動力になるように感じました。
・自分の違和感を味わい尽くすと、違和感の対象となった人を理解することが出来る、そして、ひとりひとりの内面が変わっていくと、世の中が変わっていく、というしくみを感じました。
山崎さんはレジュメを使われず、その時に出た質問や感想を受けて、必要なメッセージを伝えて下さるので、去年の第一ステージとは受け取るものも全然違い、とても新鮮な内容でした。
これからも、出来る限り再受講をして、理解を深めたいと思います。
大きな課題を、ひとつ手放すことが出来て、今、静かな喜びを感じています。
再受講の機会を与えて頂き、感謝しています。
(2012年9月15日~17日)

M.W 様 (会社員)

とても奥深いセミナーでした。
私は当初、1日間の参加予定でしたが、1日目の最後に行ったワーク(ピュリティを微笑む)がとても心地良かったので、続けて最後まで参加をさせていただきました。
ピュリティを微笑むワークは、本を読んで理解はしていたのですが、実際にセミナー会場で体感する感覚は、全く違いました。
最初は上手くできませんでしたが、2日目には、とても心が穏やかになり、そして、自分の手や足がどこにあるのか分からないような感覚になりました。
きっと集中していたから、味わった感覚だと思いますが、不思議な感覚でした。
また、最終日は、「味わいつくす」のワークを体験しました。
私は「味わいつくす」を増幅させ、その感覚を味わって流すというところが上手くいきませんでした。
感じる感覚を増幅する(味わいつくす)は上手くできるのですが、その感覚を「流す」というところで「怖い」という感情が生まれてしまい、うまくいかないことがありました。
その時はエゴが邪魔して上手くできないんだなと考えましたが、どうも腑に落ちませんでした。
3日目は少し消化不良になって帰ってきてしまいました。
腑に落ちないので、それからずっと考えていると、ある一つのことが私の頭をよぎりました。
私は日常生活においても、自分にとってイヤな体験は味わうことなく避けてきたのではないかと。
味わいつくす前に価値判断をし、(そのもの自体に善悪はないのに)ただ、自身のエゴで(価値観)で何もせずに終わってしまっていることやあきらめてしまっていることはないかと。
そして、最後に山崎先生は、ある方に「ピュリティは何でも体験をしたがっている。
そのことに対してイヤだという気持ちがあるのであれば、進んだ方が良い」というようなことをおっしゃっていました。
その時はその言葉の意味が分からなかったのですが、私自身の日常と、この言葉の意味とそして「味わいつくす」のワークが結びついたような気がしました。そして、そのことを理解して、ステージⅠが少しだけ理解できたように思えます。
3日間が終わった今、終わったという安堵感よりも、まさしく今から修行が始まるという感じを抱いています。
日常の中で、少しずつ、この3日間で学んだことを実践していきたいと思います。
私にとっては、とても大きな気付きがあった特別な3日間でした。
3日間、本当にありがとうございました。
(2011年9月23日~25日)

海掘 芳弘 様 (40代 WEBマーケティングクリエーター)

自分にはもうセミナーは必要ない。
真の学びはセミナーなんかではなく、日常にある。
これは僕にとって絶対に間違いではありません。 しかし、そんなセミナーから足が遠のいていた僕を
、5年ぶりに参加させたセミナーがこのNRTです。
理想に向かってドンドン前に進むのではなく、逆の方向に戻るセミナーと聞いて、最初は“足るを知る”的なものなんじゃないか?と思ってちょっと警戒していましたが、 その心配は、あっさりと裏切られました。
まず、NRTの方向性は、本当の豊かさというものをより深く、しかも、圧倒的なスピードで体験できる方向性なんだと知ることができました。
空虚感を満たすために理想を追い求めると、理想を得たときに空虚感が残る。
それは本当の豊かさではないと。
その考え方は決して目新しいものではなく、知っていたのに何もわかっていないことに気づきました。
他の色んな能力開発セミナーに参加した経験から、ネガティブなエネルギーや感情は、感じにくくしたり、消したりという対処を教えられましたが、それが危険な面があるということに気づきました。
嫌なことが思いつかない暮らしというのは一見良い暮らしのように思えますが、それは”嫌だ!”というエネルギーや感情を、自分が気づかないうちに心の奥底に押し込めているかもしれないと思いました。
潜在意識が自分が壊れないように、守るために、自分を騙しているのだというのです。
僕自身も過去に、あることがきっかけで心の奥底に封じ込めていたものを解放して変容した経験があります。
その体験以前と以後は明らかに生まれ変わったという感じでした。変容は一度変わると二度と元には戻りません。
ですから、僕自身このタイミングで今一度、解放する部分があるのかどうかを、確かめてみる必要があるなと思いました。
NRTの受講中や、受講後に日常を見渡すと、驚く程、”嫌だ!”と感じていること、そして驚く程、無意識に支配されていることに気づきました。
「こんなレベルの低いやからに、腹を立てている自分なんてあり得ない」 「そんな邪悪なことは思ってはいけない」

「あの人のことをそんな風に思うと、仕事に支障を来してしまう」
そんなことを無意識のうちに思っている、そして”嫌だ!”という感情を無意識に消し去ろうとしていることに気づきました。
それは、ネガティブな価値観(解放のエネルギー)を排除しようとするポジティブな価値観(抑圧のエネルギー)の仕業でした。
ネガティブな価値観優勢に生きたらエネルギーを浪費するというのは理解できますが、ポジティブな価値観優勢に生きてもエネルギーを浪費するというのは目からウロコでした。
NRTでは、それらのエネルギーの葛藤を流すのではなく正面から味わい尽くすということを教わりました。
その葛藤の味わい尽くし方を体験させてもらいました。
そうすると、その葛藤のエネルギーを越えた、ポジティブなエネルギーとネガティブなエネルギーが融合した倍のエネルギーになるということです。
ですから、葛藤を避けるのではなく、受け入れていくことが、自分の人生をより豊かにしていくんだということに気づかされました。
豊かさを今この瞬間に味わうこと。
それを意識し続けたとき、僕の人生はどれだけ豊かになっていくのかなと楽しみになりました。
この世の中で、幸せと豊かさをテーマにしたセミナーの中でも、最新鋭のセミナーなんじゃないかと感じました。
NRTはセミナーはもう必要ないと思っている人にこそ必要なセミナーなのかも知れませんね。
(2011年7月16日~18日)

匿名希望 様 (30代 公務員)

本を読んで、このセミナーはこれからの自分に役に立ちそうと思い、受講をしました。やはり本を読んだだけでは理解し尽くせないところもあり、実際にお話を聞いて本当に良かったと思います。
日常の生活の中で起こるいろいろな出来事、苦しみにいつも「なぜ?」と思っていましたが、セミナーを受けて、その理由が少し分かったような気がします。
今後は、教わったワークを使いながら、自分を辛くさせている価値観を見つめ、時には手放し、楽しく豊かに生きていきたいなと思います。
ありがとうございました。
(2011年8月11日~14日)

匿名希望 様 (40代 会社経営(教育))

日常生活で感じる葛藤の数々。
瞑想、NLP、禅、… 様々な解決の糸口となる手法も相応に有効です。しかし、敷居が低いにも関わらず(=手軽に行えるにも関わらず)、本質に迫るアプローチであるNRTはエネルギーの如何に左右されず実践できます。
体内で感じられるエネルギーの流れは、確かに人生を更なる幸福へと導くものだと言えます。始めてみて下さい。そして、共により望ましい人生の礎を築いていきましょう。
(2011年9月17日~19日)

匿名希望 様 (40代 会社員)

これまで自分で何らかの理由を付けて納得していた事や、なかなか解消できなかったことが、この3日間で“ストン”と「あ~あ、こうだったんだ」と受け入れることができました。
そしてピュリティに微笑むワークを今後実践していきたいです。
ゆっくりゆっくり気づきの土台が作れると感じています。
(2011年8月12日~14日)

森田 哲也 様 (50代 コーチ、研修トレーナー)

自分では解放し解決したと思っていることも、潜在意識が巧みに蓋をして、気づかないまま引き摺って来たことに改めて気づきました。
体験を味わいつくすという概念も、私にとっては新鮮でした。
過去の体験・経験を十分に味わうことなく、今に至っているため、自分自身もわからないところに隠れているのだと気づけました。
自らにほほえむという、実にシンプルなワークを通して、あるがままの自分がここにあるという実感こそが幸せなのだということが理解できたように思います。
仕事と生活のありようが、少しずつ変化していくと思います。 ありがとうございました。
(2011年2月11日~13日)

匿名希望 様 (40代 主婦)

自分の直感を信じて勇気を持って参加して良かったと思っています。
同じ事を繰り返してしまう自分を理解することができ、またそんな自分を否定することなく、それも自分なんだと素直に受け入れる気持ちになりました。その上で、大自然のゲストであると知ったとき、安心感に包まれ、すごく豊かな感覚になりました。
身体的な変化も3日間の間に味わいました。肩の凝りのような萎縮がpurityのほほえみのたびに軽くなるのを経験したり、身体の内部でズキズキし始めた痛みが、最終日に消えていたこと。頭の右半分が熱くなっていく感覚もありました。やはり心と身体はつながっている(有機的システム)なんだと確信しました。
「今ここ」にいる感覚が、日常生活の中で多く持てるようになれたら、また何か気付きが味わえるのだろうと予感しています。
(2011年2月11日~13日)

Y.K 様 (50代 コンサルティング業)

受講して本当に良かったです。
今までなりたい自分、目指す姿を言葉(思考)で作り、勝手にイメージして、そのイメージに近付く為に感情にフタをして、それを良いことだと思い込んでいたことに気づきました。
人(他者)を認める為に受講しようと思い、参加しましたが、本当に必要なのは自分を認めること=体験していることも気持ち(感情)もしっかりすべて受け入れ、受け止めることから始めることが必要で大切だと知りました。
ワークを通して、私の中にも結構激しい感情があることも知りました。
ステージⅡまでの約2ヶ月間、感情のゆらぎを恐れずに過ごし、Purityとともに体験しつくすように少し頑張ってみたいと思います。
ありがとうございました。
(2012年12月3日~5日)

匿名希望 様 (50代 団体職員)

まず、参加して良かったです。ありがとうございました。ステージⅡも楽しみにしております。
ステージⅠは「概念の理解」を目指すものだというお話でした。それこそ1/100かもしれませんが、私なりに何となくPurityとエゴの関係を理解できました。何より印象に残ったのは、それぞれを作り出すエネルギーのことです。Purityを立ち上げるエネルギーは精妙であり、エゴを増強(?)するエネルギーは粗雑だということ。
日常の生活の中で、自らのエネルギーの質に敏感であることが大事なのだと思いました。
そして、周囲に見えているものは実は自分であること。そのことは知っていたはずのことなのでしょう。でもあまり気付いていませんでした。今回参加する前に周囲の人間関係の中で、イヤだと思っていたこと。それも私の姿であったということ…。今後この部分の気づきを更に深めていきたいと思っています。
(2010年10月9日~11日)

アミーゴ 様 (40代 自営業)

今、深いワークをして頂いた後なので、あまり思考が戻ってきてませんが(苦笑)。
山崎さんがお伝えするPurityの豊さを体験しました。しかしそれは“何もない豊かさ”で、いつも隣に(本当は)いるものだということも。
Purityに生きるということは、別の自分へとステージを上げることでなく、HOMEに戻ることなんだと、肌で実感しました。
だけど、このPurityの体験を“コレだ”とイメージ化せず、ある意味捨てていかねば、と。おそらく、これから生きてゆく過程で、何度も立ち昇ってくるPurityをそのまま体験していけたら。
真の豊かさ、幸せを体験できました。
思い出しました。
今、とても静かな気持ちです。コレ、なんですね、きっと。ずっと求めていたのは…
ありがとうございました。
(2010年8月13日~15日)

匿名希望 様 (20代 会社員)

今回で3回目の受講となりました。
正直2回目まではわかっていなかったことが沢山あったんだろうなぁ、ということに気づかされました。それだけ深遠な「学び」なんだということを感じました。
その一方で、原理原則はシンプルなんだということをいうことも合わせて感じました。
自分の今までの思考、考え方とは丸っきり異なる「学び」でした。「学び」というよりも、一緒にみんなで検証し、探求していく、と言った方が適切かもしれません。これは一方的な知識を学ぶためのものではないということです。
今までなんて複雑に、苦しみを伴って生きていたのか、ということ、ただその複雑性のおかけで、これからの自分の人生を変えていける大きなエネルギーがあるんだということを認識させられました。
私たち人間は宇宙の中の一部、自然の中の一部、であり、その宇宙/自然の法則に逆らうような不自然な生き方を見直す時期にきているんだな、と実感しました。
このセミナーに行ったらすぐに劇的に人生が変わる、というわけではないです。ただ、長い目で見て、豊かに生きていくために、それも自分だけ、ではなく、みんなで手を取り合って豊かな人生を築いていくためのひとつのあり方を示してくれます。
それを「先生‐生徒」という枠でなく、「人間」という土台の中で共に学びを深めていく感じです。
貴重な3日間をありがとうございました。
(2010年8月13日~15日)

匿名希望 様 (40代 研修講師)

とてもわかりやすく、深い理解と洞察の得られるセミナーでした。
特にNLPを学ばれた方は、意味づけやリフレーム、物事を認識するフィルターのこれまでの理解が一変すると思います。
フィルターをかえるのではなく、フィルターを外した時に何が得られるのか。それは否定的な現象を肯定的な意味づけにかえるだけではない、「ありのまま」の姿を手に入れることができます。
山崎講師がなぜそれを伝えたいのかという、深い想いも同時に伝わってきました。
資本主義社会の歪み、情報過多による多様な価値の共存と評価軸の増加、それに伴う自己否定や他者への責任転嫁、大きな社会問題としての差別や戦争、抑圧されたストレスが力の弱いものに流れていく構造。
こうしたことは私たちが価値のフィルターを持つことによって、ありのままの世界を分断したり、ありのままで捉えるのではなく、自分たちの解釈、意味づけ、ファミリービリーフをまとって理解していることが理論的にも体験的にもよく理解できます。
その時、私たちが手に入れるものは何か?先ほどの「ありのまま」の姿を認識できる力、そして「ありのまま」の状態から得られる潤沢なエネルギーだと思います。
自然にはたくさんのエネルギーが循環しています。私たちの閉塞した社会(家族、学校、コミュニティ、国家etc)における人間の存在もまた自然の一部であるなら、より豊かなエネルギー循環させていくために、私たちもエネルギーを循環できる存在へと進化するのに役立ちました。
(2010年8月13日~15日)

木村 純子 様 (40代 会社役員、コーチ)

図1
・私(エゴ)は世界も自分のこともリアルには見られていない、という構造がよく理解できました。
・“私”がpurityと世界を分断しているので、purityは世界からエネルギーを取り込むことができない。
・purity優位になっているとき、認識力が上がっている=焦点が複眼的になる=パフォーマンスレベルが上がる。

図2 ・エゴはpurityの道具として有効。エゴの中にパート(註:部分)があるように、purityの中にエゴというパートがある。エゴをどのように使うか、purityに選択する力がある。

・エゴは過去の記憶。Purtityには過去も未来もなく、今のlivingがあるのみ。

図3
・価値基準を持つことが葛藤を生み出し、空虚感を生む。
Goodなイメージの数だけBadなイメージがある。
行動を起こすときは、空虚からスタートするのではなく豊かさからスタートすべき。
図4
(2009年10月10日~12日)

後藤 まつ子 様 (40代 団体職員)

これまでNLPをはじめ様々なセミナーや講座に参加してきたが、そのどれよりも根元的なテーマを扱うセミナーだと感じる。
なかなか言葉で表現するのは難しいのだが、“認識が世界を決定する”その手前のことをどこまでも探求したときに感じれるもの見えるものを発見させていただいた。
山崎さんの真剣でエネルギーあふれる人間存在を感じる、しかしそれ以上に、NRTセミナー中ずっとその場に自然や宇宙に対するときに感じるような畏敬の念を感じさせる何かがはたらいている感じがあった。
どこまでも基礎的なこと、根本的なことをつきつめていくと、安易な精神世界でやりとりされているようなことではなく、本当の意味でスピリチュアルなものに行きつくのかもしれない。それは奇異な体験でも特別なものでもなく、えらく謙虚で穏やかな、でもとても創造性にあふれたところに行き着くのだと感じた。
(2009年11月21日~23日)

植田 亮 様 (30代 会社員)

本当の自分、自分らしい自分を探しにここにやってきたのですが、それはここには無い事に気づきました。
本当の自分、自分らしい自分、というイメージの自分を作り出し、理想の自分を作り出し、そこに答えが無いという事に気づきました。その答えのない問いに向かい一喜一憂し、不安を感じ、悩んで生活していた自分に気づく事ができました。
いついかなる時も、どんな時も、そこに在る自分が本当の自分であり、自分らしい自分という事を心から純粋に思える瞬間がくるでしょう。
そしてもう一つ、このセミナーの中で体験できたpurityに立脚したステート、そしてエネルギーに満ちた感覚が、実は日常の中にあった事を、ふと思い出すことができた事が貴重な体験でした。
今後、日常の中での、これらの感覚の気づきや発見を楽しんでいきたいと思います。
Keep Surfing!
(2009年9月18日~20日)

M.Y 様 (40代 金融機関勤務 経営職(採用・育成担当))

社会人として組織の中で働いてきて四半世紀、人から尊敬される男になるのには仕事ができることが最低条件、という信念・価値観で生きてきました。
そこには、他者との比較、競争が常に価値判断として存在しました。
さらに、いかに葛藤に打ち勝ち、ストレス耐性をつけるかという内なる戦いにも勝たねばなりませんでした。
そのようなキャリアを積んできて得たものはなんだったんだろう?
何となくそのような違和感を持っていた時に、NRTと出会いました。
そこで発見したのは、組織の価値観でがんじがらめになっている自分、さらに地位、権威を守ることに必死になっているエゴ(自我)でした。
これって、「真の豊かさを求めて自分らしく生きる!」と新入社員の時に誓っていた自分なのか?
いまからでも遅くない、もう一度、自分らしい人生を取り戻そうとNRTを学び始めました。
そして、最初に山崎さんより、「私たちは、ひまわりを見ることができない。」と言われた時から、自己探求の学びが始まりました。
この学びは、自分がつけていた鎧(イメージ)をひとつひとつ手放していくような感覚です。
すべての鎧を脱ぎ去った時、どんな自分になっているのでしょうか?
少なくともステージⅠで、人間の真の本性である「PURITY」を体験することによる変容の本質を一度体感した私には、
「愛」以外の言葉が浮かんできません。
以上です。
(2009年8月13日~15日)
ページトップへ